【2021年版】動画配信サービス22社の比較表はこちら

【月額500円】Amazonプライムビデオの料金を徹底解説|他社との比較も

Amazonプライム会員向けの動画サービスである「Amazonプライムビデオ」。月額500円(税込)のプライム会費で多くの動画を視聴できるため、プライムビデオ目当てでプライム会員になる方も多くいらっしゃいます。

そんなコスパの良いプライムビデオですが、すべての動画が見放題というわけではありません。プライム会費だけで視聴できる動画のほかに、別途レンタル料金が必要な動画、有料チャンネルである「プライムビデオチャンネル」といった有料コンテンツも用意されています。

そこで今回は、Amazonプライムビデオの料金について、プライム会費以外の有料コンテンツ代も併せて解説していきたいと思います。

現在プライム会員の方も、プライム会員を検討している方も、ぜひ参考にしてください。

Amazonプライムビデオの料金

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員が受けられる特典の1つです。

プライム会員の会費は、月間プラン500円(税込)もしくは年間プラン4,800円(税込)。プライム会員の会費だけで、プライムビデオの一部の動画が見放題で楽しめます。

月間プラン・年間プランともに自分の好きなタイミングで解約可能で、年間プランの方が年間1,100円お得になります。

月額プランから年間プランへの変更はいつでも可能なので、とりあえず様子を見ながら利用したい方は月間プランから始めてみて、継続しようと思ったら年間プランに変更しても良いですね。

プライム会員には30日間の無料体験期間が用意されていますので、まずは無料でプライムビデオの見放題コンテンツを楽しんでみてください。

また、大学生・専門学生の方は「Prime Studentプラン」に登録可能です。通常のAmazonプライム会員特典のほとんどを利用でき、料金は月間プラン250円(税込)、年間プラン2,450円(税込)と低料金。さらに、6ヶ月という非常に長期の無料体験期間が用意されています。

注意!Amazonプライムビデオの動画コンテンツはすべてが見放題ではない

プライム会費のみでも様々な動画を楽しめるAmazonプライムビデオですが、Amazonプライムビデオで視聴できる動画のすべてが見放題ではありません。

定額料金で見放題になる動画は、タイトルに「プライム会員特典」と表示されているものだけです。

追加コンテンツとして、プライムビデオでは、レンタルまたは購入できるものやオプションサービスとしてチャンネルなどは別途料金が発生します。

それぞれの料金目安は以下の通りです。

レンタル料金 無料~500円前後
購入料金 無料~2,500円前後

視聴する動画によって料金は異なりますので、正確な料金を知りたい方は、Amazonプライムビデオにアクセスして視聴したいタイトルを検索してみてください。

他社の動画配信サービスが利用できるプライムビデオチャンネル

プライムビデオチャンネルとは、2018年に開始されたプライム会員向けの有料オプションサービスのこと。

プライム会費とは別に追加料金を支払うことで、dアニメストアやNHKこどもパークといった他社の動画配信サービスを、プライムビデオのアカウント内で楽しめるようになります。

「日本映画・TV番組」「外国映画&TV番組」「アニメ&キッズ」「スポーツ&フィットネス」「ニュース&ドキュメンタリー」「総合バラエティ」「ホビー&カルチャー」「ミュージック」「その他カテゴリー」といったジャンルごとに複数の動画配信サービス(チャンネル)が用意されており、料金はチャンネルによって様々。

ほとんどのチャンネルに、14日間前後の無料体験期間が設けられています。

プライムビデオチャンネルを利用すれば複数のVODサービスをプライムビデオ内で一元管理することができますので、たくさんの動画を見たい方はプライムビデオチャンネルも検討してみてはいかがでしょうか。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

有料作品を非表示にする方法

プライム会費以外の追加料金なしでAmazonプライムビデオを楽しみたい方にとって、有料作品は検索の邪魔になってしまうかもしれません。

有料作品の表示が不要という方は、以下のように有料作品を非表示にすると検索しやすくなりますよ。

Amazonプライムビデオのページを開き「見放題対象」をクリックすると、有料作品が非表示になります。

Amazonプライムビデオはお得!他22社と料金比較

プライム会員の方は、プライムビデオ飲み放題対象作品を月額500円(税込)で楽しめますが、この料金は他社の動画配信サービスと比べて非常に安いです。

「動画配信サービス22社比較|目的別のおすすめはコレ!」で紹介している22社の月額料金を比較すると、以下のような結果になります。

サービス名 月額(税込) 特徴
Amazonプラムビデオ 500円 コスパが高くAmazonユーザーは特に利用価値が高い
U-NEXT 2,189円 日本最大級のコンテンツ数で配信タイミングが早く更新頻度が高い
Hulu 1,026円 日テレ作品が多く、海外ドラマの新作も視聴可能。巨人主催の試合をリアルタイムで見られる
Netfix 990~1,980円

※各プランあり

海外ドラマや映画、オリジナル作品が多い
DAZN 3,000円 スポーツ専門の動画配信サービス
dTV 550円 月額料金が安くコンテンツ数も多め
TELASA 618円 テレ朝のドラマや特撮ヒーローの作品が多い
FODプレミアム 976円 フジテレビ作品を中心に配信。見逃し配信にも対応している
Disney+ 770円 ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、ナショナル ジオグラフィックを配信
ABEMAプレミアム 960円 24時間放送、約30チャンネル用意
Paravi 1,017円 国内ドラマの配信数が多い
テレ東BIZ 550円 テレ東の経済番組を配信
TSUTAYA TV 1,026円 最新作の配信が早くTSUTAYA宅配サービスと連携している
TVer 無料 完全無料で地方局の番組も配信。視聴可能期間は番組終了後1週間
WATCHA 869円 映画をメインに配信
dアニメストア 440円 アニメ関連のコンテンツが豊富。放送中アニメの見逃し配信あり
観劇三昧 1,045円 全国の演劇を配信
NHKオンデマンド 990円 NHK番組を配信
楽天TV 220~2,189円
※パックプランによって異なる
動画のジャンルが18種類、楽天ユーザーにおすすめ
アニメ放題 440円 ファミリー・キッズアニメを中心に配信
J:COMオンデマンドメガパック 1,026円 JCOMへ加入しないと視聴できない
DMM見放題chライト 550円 低料金でアダルト見放題

プライム会費のみで利用できるAmazonプライムビデオが、以下にコスパの良いサービスかが分かりますね。

TVerは完全無料ですが、視聴期間がテレビ放送終了後次回放送までの1週間と短く、見逃し配信として利用するのに適したサービスです。

また、dアニメストアやアニメ放題は、Amazonプライムビデオより低料金ですが、アニメ専用のサービスなので、アニメ以外のジャンルも楽しみたい方には物足りないかもしれません。

プライムビデオには、以下で紹介するように動画視聴以外のメリットもたくさんありますので、コスパの良いサービスを探している方におすすめです。

Amazonプライムビデオに登録する5つのメリット

ここからは、Amazonプライムビデオに登録するメリットを5つご紹介します。

  • プライム会員特典を利用できる
  • Amazonオリジナル番組を楽しめる
  • ダウンロード機能がある
  • ユーザー評価やレビューを参考にできる
  • 家族とシェアして楽しめる

それぞれの詳細は、以下の通りです。

プライム会員特典を利用できる

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員が利用できるサービスの一つです。

そのため、プライムビデオを視聴するためにAmazonプライムに入会すると、以下のようなプライム会員特典を利用できます。

  • Amazonの買い物代金が2,000円未満でも送料無料
  • お急ぎ便・日時指定便などの送料が無料
  • プライム会員限定のプライムセールに参加できる
  • プライム会員限定の先行タイムセールがある
  • Music Primeで音楽が聴き放題
  • Prime Readingで対象のKindle本が読み放題
  • おむつ・おしりふきが定期おトク便で15%OFF
  • Prime Gamingで無料ゲームが遊べる
  • プライム会員専用のバーチャルダッシュが使える
  • Amazon Photosに写真を無制限で保存できる
  • Amazon Cloud Driveが利用できる
  • Amazonフレッシュが追加費用なしで利用できる
  • Amazon 食品スーパーライフ が利用できる
  • プライム・ワードローブが無料で使える
  • Amazon Masterクラシックカードでポイント2%還元
  • アマゾンギフト券にチャージするごとに最大2.5%ポイントが貯まる

月額500円(税込)でプライムビデオ以外の特典をこんなにも利用できるのは、非常にお得ですね。普段の買い物でAmazonを利用する機会があるなら、プライム会員になっておいて損はないと思います。

無料体験期間中もプライムビデオを含むすべての特典を利用できますので、体験したことがない方はぜひ一度体験してみてください。無料体験期間の解約も可能です。

Amazonオリジナル番組を楽しめる

Amazonプライムビデオでは、Amazonオリジナルの番組を多数楽しめます。

オリジナル番組はクオリティが低いというイメージを持たれがちですが、Amazonオリジナル番組はクオリティの高い作品が多く、オリジナル番組を見るためにAmazonプライムビデオの利用を検討される方もいるほど。

ジャンルも様々ですので、ぜひ視聴してみてください。

ダウンロード機能がある

Amazonプライムビデオには、追加料金なしで「ダウンロード機能」が付帯されています。

あらかじめ、視聴したい作品をダウンロードして使用するデバイスに保存しておけば、プライム会員の契約中はオフラインでも視聴可能に。

飛行機の中や車中、電車の中などどこでも好きなタイミングで視聴できるので便利ですね。

ユーザー評価やレビューを参考にできる

Amazonプライムビデオで視聴できる動画は、ユーザー評価やレビューがついています。

実際に視聴した方の感想や評価を参考に動画を選べるので、便利ですね。

普段、あまり見ないジャンルのタイトルでも評価やレビューを参考にすると選びやすいので、視聴するジャンルの幅が広がり楽しめますよ。

家族とシェアして楽しめる

Amazonプライムビデオは、一つのアカウントで最大3台のデバイスで同時視聴できます。

つまり、家族の誰かがAmazonプライム会員であれば、同一アカウントを利用して別々のデバイスで同時刻に3台まで利用可能ということです。

ただし、同一のアカウントを利用するため視聴履歴や検索履歴は共有されますので、その点は注意してください。

家族に視聴履歴や検索履歴を知られたくない方は、家族とは別にAmazonプライム会員になり、自分専用のアカウントで視聴することをおすすめします。

Amazonプライムビデオの支払い方法

Amazonプライム会員の支払い方法は、以下の5種類から選択できます。

  • クレジットカード
  • 携帯決済
  • あと払い(ペイディ)
  • Amazonギフト券
  • パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)

Amazonプライムビデオの支払い方法について、詳しくは以下の記事でも解説しています。併せてご確認ください。

Amazonプライムビデオの料金についてよくある疑問

ここからは、Amazonプライムビデオの料金に関するよくある疑問について、解説していきます。

無料お試し期間について

Amazonプライムビデオ(Amazonプライム会員)には、30日間の無料体験があります。

無料体験期間にキャンセルすれば、料金は一切かかりません。

まずは無料体験を試し、そのうえで継続するかを決めると良いでしょう。

追加料金について

見放題対象の動画の視聴にはプライム会費以外の追加料金はかかりません。

ただし、レンタルまたは購入する場合、またはプライムビデオチャンネル内の番組を視聴する場合は、別途料金が発生します。

解約の仕方について

Amazonプライム会員の解約は、簡単です。

会員情報のページを開き、「プライム会員情報」の下部にある「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」を選択。

「プライム会員資格を終了する」をクリックすれば、解約できます。

なお、会員期間終了日までは利用したい方は、「更新前にお知らせを受け取る」にチェックを入れておきましょう。会員期間が終了する3日前にお知らせメールが届くので、解約し忘れを防げますよ。

解約時の料金日割り計算について

Amazonプライムの解約に、料金の日割り計算はありません。ただし、Amazonの基準で会費の一部の返金があります。

次回更新までの期間や、Amazonプライム特典の利用状況によって返金額が異なりますので、詳しくはAmazonカスタマーサービスに問い合わせてください。

料金プランの変更について

月間プラン・年間プランの料金プラン変更は、いつでも可能です。

Amazonプライム会員情報のページを開き、「会員タイプ」の下部にある「会員プランをもっと見る」を選択。

変更したいプランを選択して「○○プランに変更」をクリックすれば完了です。

まとめ

今回の記事では、Amazonプライムビデオの料金についてご紹介してきました。

Amazonプライムビデオは、他の配信動画サービスよりも低料金で利用できるうえ、Amazonプライム会員特典も同時に受けられるメリットの多い配信動画サービスです。

30日間の無料体験期間がありますので、まずは無料で試し、気に入ったら継続してみると良いでしょう。

料金プランに「月間プラン」と「年間プラン」があり、長期的に利用するなら年間プランの方がお得。料金プランはいつでも変更できますので、利用状況に合わせて選択、変更をおすすめします。